マッサージ関連

マッサージ店について&自分でする方法

マッサージの方法はお店によって様々

マッサージのやり方は、お店によって様々です。まずは、機械を使うところ、オールハンドで行うところ、両方のよい面を取り入れながら行うところなど、かなり違いがあります。また、マッサージを受けるベッド一つをとっても、温かくなるような工夫がなされているところがあれば、冬でも冷たい場所もあります。服を着たままマッサージをする場合には、ベッドは特に温められていないことが多いようです。
また、服を着たまま行う場所、種類は不明だがオイルのようなものを使っている場所、オイルにもこだわりをもってやっている場所など、やり方は様々です。また、他のお客さんとの仕切りが、カーテンだけのところ、壁で仕切られているところなどの違いもあります。
どれが良い、悪いとも言えないので、自分がしてほしいマッサージはどのようなやり方なのかを考えながら、お店選びをしていくと良いと思います。

自宅でマッサージを行うには

日々家事や仕事を行なっていると、肩こり、首こり、目の疲れや足のむくみなどに悩まされることはないでしょうか?できればマッサージに行き、体をほぐしてもらうのが一番かと思うのですが、行く時間がない、お金がないなどの事情によりマッサージにいけないことも多いでしょう。そのような時は自宅でマッサージを行うのはいかがでしょうか。
やり方は様々ありますが、簡単なものはお風呂にゆっくり入った際などに湯船の中で足を末端から心臓に向かって軽く摩るだけでも足の浮腫み解消効果があります。お風呂上がりは血行が良くなっていることもありストレッチなど効果があります。
また、電子レンジで温めたホットタオルなどを肩に乗せて、体を温めてからストレッチやマッサージを行うというやり方もあります。
もし時間があり、ゆっくり時間を取ることができるのであれば自宅で足だけ、腕だけと行った部分アロマオイルマッサージも効果的です。

優しく優しく・・・

どんな高価な化粧品よりも毎日の、マッサージの方が効果があると聞いた事があります。美容面、健康面において、血の巡りはとても大事!
いかに血液の循環を良くするかです。強くマッサージすれば効果がありそうですが、そうではなくて優しくソフトなマッサージが効果的。
摩擦による皮膚のダメージはシミやシワの原因になってしまうこともあります。お肌の上に乗せた手のひらがお肌を動かさない程度に。
やり方は、先ずはお好きなキャリアオイルを選び、お好きなエッセンシャルオイルを数滴加え、マッサージオイルの完成です。オイルを手のひらで温め、お顔に滑らせてきます。引力に逆らうように下から上へ、縦じわが出やすいところは中央から外に、横じわはクルクルと円を描いて伸ばすイメージで・・・小鳥の頭をなでるように・・・毎日の積み重ねが5年後に差が出ます。